アトピー対策

胃腸にも効果ある?

多くの人がストレスを抱えて生活をしています。
またストレスは精神的な問題だけでなく、体のあらゆる部分に影響をもたらします。
ストレスと関係性が高いのが胃腸です。
胃は強いストレスを受けると、胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの重病を発症させてしまいます。
比較的に他の臓器に比べると症状が出やすく、病気の早期発見につながりやすいです。
その反面、軽視してしまい重病になってしまう可能性もあります。

そのような状況にならないためにも、ストレス解消を上手に行わなければいけません。
そこで日常の生活に取り入れると効果的なのが高麗人参です。
高麗人参にはストレスを緩和させる働きがあるため、ストレスを貯め込まない体質を作りあげることができます。
高麗人参に含まれているジンセノサイドという成分は、ストレスホルモンを抑制する働きがあります。
このジンセノサイドは、高麗人参の中でも6年間栽培された紅参に含まれています。

また高麗人参の一番の特徴であるサポニンは腸に大きな影響があることが分かっています。
サポニンは腸内細菌によって分解され始めて効果を発揮するという特徴があります。

食事で摂取した栄養素は、腸で吸収されて体全体に送り届けられます。
腸の動きが低下してしまうと、体全体に必要な栄養素が送られずぜん動運動の低下にもつながります。
ぜん動運動が低下すると便秘の状態が続き、老廃物が蓄積することで腸内環境が悪化します。
腸の健康は体の健康につながるといわれるほど重要です。

便秘解消や腸内環境を整える作用があるサポニンが、高麗人参に最も多く含まれています。
また高麗人参には乳酸菌を増やす働きもあり、善玉菌を増やして腸に環境をよくしてくれます。
このようなことから高麗人参は胃腸にとても効果的だといえます。
そんな高麗人参の効率的な摂り方は、食材として料理に使う、高麗人参茶やエキスを濃縮したサプリメントから摂るなどいくつかの方法があります。
どのように取り入れていくかは自分のライフスタイルに合わせましょう。

気になる高麗人参の副作用についても参考にご覧ください。