アトピー対策

高麗人参を使ったレシピ

日頃から親しみのある食材もあれば、普段はなかなか使用しない食材もあります。
普段使用しない食材の場合、どのようにして調理したらいいのか迷ってしまう人が多いです。
迷った結果、食材を駄目にしてしまってもったいないという経験をした人もいるでしょう。
そんな食材の一つとしてあげられるのが、高麗人参です。

高麗人参の歴史は古く、朝鮮半島や中国などでは昔から漢方の一種としてとても親しまれています。
しかし日本では栽培しているところに限りがあり、市場に出回っていません。
そのため、普段の食事のメニューにどう取り入れたらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

高麗人参は韓国などの旅行のお土産などにもらう機会がとても多いです。
万能薬とも言われ、糖尿病、コレステロール値を抑える働きや、体力回復、精力向上など様々な効果が期待できる植物です。

そこで高麗人参をどのように食事に取り入れたらいいのか、具体的なレシピを知っておきましょう。
高麗人参が栽培されている韓国の代表的なレシピhttp://www.110coolweb.jp/10.htmlといえば、サムゲタンです。
サムゲタンというと、鶏を丸々一匹使用する薬膳スープです。
どうしても手間がかかるイメージだと思いますが、手羽先や鶏肉の角切りなどで代用して調理することもできます。

ネギやニンニク、ショウガ、高麗人参などの野菜を適当に切り、そこにもち米と鶏肉を入れて煮込みます。
丸々一匹であれば3時間近く煮込む必要がありますが、手羽先などで代用するのであれば数十分煮詰めるだけで完成します。
誰もがお手軽に作ることができ、圧量鍋などを使用するともっと短期間で行うことができます。

高麗人参を生で使用する場合は、はちみつ漬けがお勧めです。
生の高麗人参を輪切りにして一日乾燥させます。
その後、小瓶に移してはちみつを入れるだけで出来上がりです。
一週間ぐらい付けておくと食べごろになり、一日スプーン2~3杯程度を目安に食べるのがお勧めです。
私たち日本人にとって食べ慣れていない食材ですが、高麗人参のおいしい料理レシピを参考にして一度作ってみてはいかがですか?
料理から摂ることもできますが、http://www.aacip.com/result.htmlにも書いてあるように、サプリメントから摂取した方が効果的のようです。