アトピー対策

高麗人参とプラセンタ

女性にとってアンチエイジングは永遠のテーマだといえます。
実年齢よりも一歳でも若くという意識が常にあり、年齢を重ねるごとに強くなります。
そのためアンチエイジングに効果が高い成分を使用したサプリメントや化粧品などたくさん販売されています。

アンチエイジングの効果があるものとして昔から注目されているのが、高麗人参です。
高麗人参は2000年前から万能薬として処方されていました。
昔は上流階級でしか処方されませんでしたが、今では広く一般的に愛用されるほど身近になりました。

高麗人参は植物性の成分ですが、動物性の天然成分としてアンチエイジング効果があるのがプラセンタです。
プラセンタは日本語で胎盤を意味しています。
胎盤は母体と胎児をつなぎ、胎児の成長のために必要な栄養素を送り出しています。
プラセンタには細胞分裂を活発にする働きがあり、肌の再生力が高まりターンオーバーを正常化させる働きがあります。

これに対して高麗人参にはサポニンという有効成分が豊富に含まれています。
サポニンには殺菌作用があり、ニキビや肌荒れなどの肌質の改善につながります。
またサポニンは血行を促進する働きがあります。
体全体に必要な血液がいきわたるようになり、新陳代謝を高める効果があります。
新陳代謝の正常化は体内の老廃物を排出して、常に元気な細胞で体を形成することができます。

このように高麗人参もプラセンタもアンチエイジングhttp://www.ekenkou.jp/anntieijinngu.htmlにとても高い効果が期待できます。
別々に同時に摂取しても、組み合わせ的に特に問題はありません。
しかし割合や摂取量などを自分で管理なくてはいけません。
摂取する際にはそれぞれの一日の摂取量をしっかり守った上で取り入れるようにしましょう。

プラセンタと高麗人参もどちらもアンチエイジングの効果が高く、美容面ではとても効果的です。
プラセンタの成長因子の働きと高麗人参のサポニンの働きは、それぞれ違った形でアンチエイジング効果が得られます。
どちらも今後人気が高まっていく成分だといえます。